忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
kstyle
性別:
非公開
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
楽天ランキングに長期上位ランクインする超人気グッズを紹介しています。
125   124   123   122   120   119   118   117   116   115   114   ≫
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

119
楽天ランキングの上位にランクインする超人気商品です。

ディスプレイスタンドランキング
3週連続1位
24週連続3位以内
スポーツ・アウトドア>自転車>アクセサリー・グッズ>スタンド>ディスプレイスタンド

MINOURA(ミノウラ)GYRO V270-2(ジャイロ) トレーニングマシン (リモコン付)(400-4910-00)ミノウラ 箕浦 【09】【自転車】【ロード】【マウンテン】【送料無料】【sp_0113】
【ポイント3倍】*即納*■送料無料■MINOURA(ミノウラ)V270-2 MINOURA(ミノウラ)GYRO V270-2(ジャイロ) トレーニングマシン (リモコン付)(400-4910-00)ミノウラ 箕浦 【09】【自転車】【ロード】【マウンテン】【送料無料】【sp_0113】
ショップ:Be.BIKE
ディスプレイスタンドランキング
期間順位期間順位
~10月23日1位~12月4日1位
~10月30日2位~12月11日1位
~11月6日1位~12月18日2位
~11月13日2位~12月25日1位
~11月20日1位~1月1日1位
~11月27日2位~1月8日1位
MINOURA(ミノウラ)V270-2 自転車 トレーナー納期:即納 土日祝日以外なら翌営業日から翌々営業日に出荷できます。 (ご注文の時間によりすぐに発送準備が出来ないときもございます。ご了承ください。) 室内トレーナー オプションはこちらです。 セーフティネット 2 トレーニングマット2 ワットマスター 補助パッドセット ホームトレーナー用 タイヤ Dualist WH-R501-R 【リア】 ※離島、沖縄県の発送には別途手数料が必要となりますので離島、沖縄県はヤマトをお選びください。 このトレーナーはマグライザーが 付属されています。 ナット式ハブ用の左側カップリング Vシリーズおよび新型Mシリーズ用のオプションです。標準の左側カップリングボルトはトレーナーに添付のクイックレリーズに合う形状となっており,そのためピストのようなナット式ハブで使用するには内径が大きすぎてがたつきが発生してしまい,トレーニング中の自転車の保持が不完全なままです。また標準のカップリングはリアハブ幅が125mm以上を想定したサイズ設定となっており,ピストのようなシングルギア用や古い5〜7段変速車などの狭いフレームを装着するには短すぎて届きません。この交換用カップリングボルトはこれら2つの問題を解決すべく,長さと孔の内径とを変更した専用部品です。 決済を銀行振込でお考えの方 こちらをお読みください。 重量:8.5kg・新技術「GYRO」を搭載した最高級モデル・仮想重量2.7kgのフライホイール・左右独立して角度調整可能のU字型脚・最高の踏み心地と圧倒的な静かさを提供 こんな感じで梱包されています。 タイヤサイズによって脚の位置が変わります。 組み立ては簡単です。 こんな感じになります。 ジャイロです。 画像の様な感じで設定します。取扱説明書がわかりにくいためお使いください。 そのあと締め付けます。 フロントにはマグライザーをおいてさぁ漕いでみましょう ■参考■MINOURA(ミノウラ)GYRO V270-2 (400-4910-00) ミノウラ 箕浦 【自転車】 GYRO V270 品番 400-4910-00 負荷調整 リモコン式(7段階) フライホイール重量 実重2.0kg/仮想2.7kg 適合ホイールサイズ 24"~29" 設置寸法および高さ 680 x 530 x 400 mm 重量 8.5kg 最大荷重 120kg(自転車込み) 付属品 取扱説明書,専用クイックレリーズ,小径ホイール用アダプタ,マグライザー,製品保証規定書 マイナーチェンジされた最新GYRO技術搭載のハイエンドモデル 「GYRO(ジャイロ)」シリーズは弊社の最高級モデルとして,より自然な踏み心地,より幅広い負荷範囲,圧倒的な静粛性,より簡単な脱着機能を実現するべく,今までになかったさまざまな新しい技術を搭載しています。 静粛性においては,静かだと評価の高かったVFSシリーズを遙かに超える静粛性を実現しており,特に騒音発生には気を遣うマンションやアパートなどの集合住宅での使用においては,世界中のどのモデルにも負けないベストチョイスであると自負しています。トレーナーからの騒音に関して基本的に無頓着な欧米製トレーナーとは,その設計思想が根本から異なります。 負荷範囲についても対VFS比で2倍に広がり,特に最も使用する機会の多い低負荷域での使用感を主に狙ったセッティングとしています。もちろんプロレーサーにも対応できる高い負荷を発生させることもできます。 負荷は7段階に切り換えられますが,GYROの特徴はそれらが均等に配置されていることです。そのためどのようなレベルであれ,希望する負荷が選びやすくなっています。これは他社トレーナーではできていないことです。 V270-2はGYROシリーズのハイエンドモデルとして,シリーズ中最も重いフライホイールと専用のフレームを備えた充実装備のモデルです。 ■ 注 意 ■ 必ず添付の専用クイックレリーズを使用してください。V270のカップリングはこの専用クイックにのみフィットするよう設計されています。ご自身のクイックレリーズはV270では使用できません。 ハブナット式ホイール(ナットサイズ15mm)はV270のカップリングではがたつきが発生しますので使用を推奨していません。 トレーナーを使用中および使用直後15分間は,フライホイールとその内側にある黄色のアルミプレートには絶対に触れないでください。非常に熱くなっており,やけどをする恐れがあります。 26 x 1.50"以下のサイズのタイヤを使用する際は,負荷装置と取付台座との間に付属の小径ホイール用アダプタを装着する必要があります。 ジャイロ・テクノロジー 外側を厚く内側を薄くした断面形状のフライホイールにより慣性モーメントを増大。実際の重量よりも重いフライホイールを回しているのと同じ効果を生みます。 V270のフライホイールの実重は2.0kgですが,回転させると2.7kgと同じ効果を生み出します。 フライホイール内側の段差構造とフェライト磁石の4倍の磁力を持つネオジム磁石の採用により,上から下まで幅広い負荷調整域を可能にしています。また段差のそれぞれの幅を微調整することにより負荷レベルの各段階の差を均等にしています。 U字型脚 通常の太い1本式の脚と比べ,単体重量を軽くでき,また3点支持にすることでトータルの剛性を上げることができます。 重量を比較すると,たとえば1.5kgのフライホイールを持つVFS150-Rは重量9.4kgですが,それより0.5kg重いフライホイールを持ちながらもV270の重量は逆に軽い8.5kgに収まっています。これがU字型脚を持つ新型フレームの軽さです。 補強バー先端のダイヤルを回すことで,左右の脚は独立してそれぞれ+/- 10mmの範囲で自由に高さを変えることが可能。決してフラットではない地面での使用においても完璧な安定を得ることができます。 もちろん何も取り外したりすることなくそのままコンパクトに折り畳んで収納することができます。 最大荷重は自転車込みで120kgまでです クイック式ハブクランプとフットペダル 自転車の脱着を簡単に瞬時に行なえる便利なクイック機構を2ヶ所に採用。 右側のクランプレバーを引き上げるだけでカップリングが開き,自転車を脱着できるスペースが生まれます。 左側カップリングには固定用のロックリングが備わっています。 フットペダルは簡単脱着だけでなく,一度設定したらあとはレバーを操作するだけで同じローラー加圧を簡単に再現できるという利点もあります。ネジ式のように毎回気を遣いながら調整する必要はありません。 新型リモコンシフター 自転車から降りることなく7段階に好みのレベルに負荷を設定できるリモコンシフターは全面改良されました。 ボールベアリング内蔵の大型レバーは,軽いタッチと明確なクリック感で快適に使用できます。 形が最初から決まっている樹脂や金属製ではなく柔軟性のある布バンドをクランプの材質に採用しているため,丸断面のハンドルだけでなく異形断面のカーボン製エアロバーやステムにも取り付け可能。 クイックバックル機構でワンタッチで脱着できます。 旧モデルからの変更点・フレームカラー ツヤ消しカーボンブラックからツヤありに変更・U脚カラー 赤色塗装仕上げからメッキ仕上げに変更・リモコンシフター 赤色からメッキ仕上げに変更。 ドームレンズシールを装備

PR
Comment

Post Your Message

Title
Name
Mail
Web
Message ::
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
Let's Trackback ->
忍者ブログ [PR]

Icon by irusu